mcframe|疎結合型 原価管理ソリューション

ビジネスブレイン太田昭和
mcframe 疎結合型 原価管理ソリューション
BBS mcframeへのお問合せ

mcframeグローバル原価管理の課題

グローバルに事業展開をされている日本の製造業にとって、各製造拠点(国内/海外)の拠点原価を把握し、連結ベースでの収益管理や意思決定に役立てたいというニーズは高まるばかりです。

こうしたニーズに対応するためには、大きく次の5つの課題を解決する必要があると考えます。

mcframeグローバル原価管理の課題

mcframeグローバル収益管理基盤実現へのアプローチ

グローバル収益管理の実現に向けたアプローチとして、一般的には密結合型アプローチ(海外製ERPの全モジュールをグローバル展開)がありますが、BBSでは疎結合型アプローチ(mcframeの原価管理ユニットのみをグローバル展開)を確立し、経営ニーズに対し迅速かつ低コストでの実現をサポートいたします。

蜜結合型アプローチ

海外製ERPでグローバル統一する方法

mcframe 大規模なロールアウト

大規模なロールアウト

(高リスク、長期間、高コスト)

目 的

グローバルで業務を標準化しリアルタイムに情報を把握

範 囲

全業務

特 徴

成功すると効果が絶大

全体最適の思想が前提で、拠点の規模やレベルに合わせづらい

全業務における制度・ルール等の統一だけでなく、システム導入・展開に膨大な時間とコストがかかる

疎結合型アプローチ

mcframeの原価管理ユニットのみ

をグローバル統一する方法

mcframe 限定的なロールアウト

限定的なロールアウト

(低リスク、短期間、低コスト)

目 的

グローバルでの収益管理の実現に特化

範 囲

原価管理・収益管理

特 徴

上流システム(生産管理・販売管理・購買管理等)を変更せずに原価管理の仕組みが導入できる


管理目的に合わせて、共通のルールと拠点ごとの管理に強弱をつけられる


比較的短期かつ低コストで実現できる

BBS mcframeへのお問合せ

原価関連の構築事例

A社 B社
会社の特徴
  • 中堅自動車部品製造
  • 約600億円 規模
  • 上場化学メーカー
  • 約300億円 規模
検討の目的
  1. 売価還元法から脱却し、実際原価計算精度を導入
  2. 取引先別別利益管理
  3. 財管一致による原価改善成果の見える化
  1. 品目別の実際原価と損益の把握
  2. 予算管理の精緻化
  3. 外部環境の変化に伴う損益影響のモニタリング方式確立
検討の範囲
  • 原価管理
  • 利益管理
  • 予算・見通し管理
  • 予算管理
  • 収益管理
  • 原価管理
効果・解決策
  1. 生産実態に合致した原価計算方式の確立
  2. 製造BOMと原価BOMの同期化
  3. 取引先別利益の見える化
  4. 予算・見通し管理の精度向上
  5. グローバル連結経営管理の実現に向けた基盤整備
  1. 原価改善ポイントの見える化
  2. 原価計算業務の効率化
  3. 取引先別利益の見える化
  4. 品群別損益の見える化
  5. 経営判断に役立つ損益シミュレーション
導入期間 18ヶ月 13ヶ月
導入拠点 7拠点 2拠点

mcframe原価管理とは

mcframe原価管理は、企業グループの原価管理基盤としてご活用いただけます。
各種原価計算(標準、予算、実際、実績原価等)を任意のグループで実行できると共に、多言語・多通貨にも対応した国産発グローバル対応パッケージです。

展開計算

生産計画登録

展開計算

製造・購買計画照会

工数計画照会

配賦計算

配賦基準設定

配賦費用登録

部門間配賦

品目別配賦

標準原価計算

標準原価用マスタ管理

標準配賦率登録

標準原価シュミレーション

標準原価確定

予算原価計算

製造・購買計画登録

予算原価シュミレーション

予算原価集計

予算原価確定

実際原価計算・実績原価計算

実際配賦費用登録

原価差異照会

売上原価計算

限界利益分析

実際原価計算

実績原価計算

月末在庫・仕掛金額出力

受払表出力

プロジェクト原価計算

月別原価推移

実際原価・実績原価確定

原価レポート(画面)

実際原価計算・実績原価計算

実績データI/F

マスタ設定支援

計算履歴管理

会計I/F

BBSならではの支援サービス

原価管理の改革プロジェクトは、一般的に難易度の高い取り組みと言われており、パッケージを導入したものの上手くいっていないケースが少なくありません。その要因は、原価情報の活用ニーズが多岐にわたり、それぞれの関係性や業務プロセスに与える影響を踏まえた上でパッケージへの実装方針を決定する必要がある一方、パッケージ機能を理解しているだけではそれらの実装方針の決定(合意形成)や全体の整合性確保を行うことはできないからです。

BBSでは、50年にわたり1,000社以上の経営改善を支援してきたノウハウをベースに、経営管理モデルや各種業務/システム両方に精通したコンサルタントが、企画立案から海外拠点へのロールアウトまで、貴社の取り組みを強力に支援いたします。

mcframe支援サービス図表