予算編成システム ビズフォーキャスト│ビジネスブレイン太田昭和

ビジネスブレイン太田昭和
予算編成システム ビズフォーキャスト BizForecast Excelレイアウトのまま、大量で煩雑な予算作成の雑務を軽減
BBS へのお問合せ

お客様毎に異なる予算編成プロセスを忠実にシステム化,業務変化に合わせてご担当者が容易にメンテナンス可能,経験豊富なメンバーが最善の予算編成構築をサポート

「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」2つの特徴を兼ね備えたBizForecastが経営管理の効率化をご支援します。

取引のプロセス

予算機能の特徴

  • ・Excelライクな画面からの入力
  • ・Excelと近似した操作性
  • ・予算編成時の申請及び承認プロセス
  • ・予算管理者によるステータス把握
  • ・複数予算業務の管理(年度予算修正予算等)
  • ・オフライン環境での入力
  • ・予算管理プロセスの一元管理
  • ・Excelを利用した画面・レポートの設計
  • ・個別会計システムとのデータ連携
  • ・グラフ・チャート等を含んだレポート出力

運用でのメリット

機能・支援・コスト

  • BizForecastはExcelを利用した柔軟且つ容易な設定が可能なため、お客様の運用を最適な形式でシステムに実装する事ができます。従来運用しているファイルのレイアウトをそのままBizForecastの収集フォームやレポートとして構築することが可能です。
  • BizForecastは予算編成に必要な全ての機能を搭載しているにも関わらず、お客様にご導入し易いコストでご提供しています。また柔軟に設計できるため導入コンサル費用も従来までのシステムと比べると安価で済みます。
  • 予算編成は各社各様の業務のためシステムへの実装方法が大きなポイントになります。したがって導入コンサルティングメンバーは非常に重要です。BizForecastは経験豊富なコンサルタントと、会計リテラシーの高い技術者が一体となって手厚くご支援いたします。

導入コンサルティング

経験豊富なメンバーがBizForecastによる最善の予算編成業務を実現します

お客様・BizForecast・BBS

予算編成業務は、 Excelの柔軟性を確保して、且つ、編成結果をデータベースで一元管理することが実務上最適と考えます。柔軟な仕組みをご用意することにより「システム的に可能」となります。

BBSではこれに加え、経験豊富なコンサルタントが、実務上「使える」レベルまでお手伝いさせて頂きます。予算編成は、各社各様の業務があり、それをどのようにシステム化するのか?が大きなポイントになるため、導入時のコンサルティングメンバーは非常に重要です。BizForecastの予算編成に関する導入コンサルティングメンバーは、予算業務構築の経験豊富なメンバーが担当致します。

ツールを生かすには、お客様の業務をしっかり理解し、業務担当者様の視点に立って、最適な構築ができるコンサルティングが必須と考えます。「モノ」ではなく「人」に投資して頂きたいと考えております。

柔軟な画面設計

各部署、営業所等が入力した予算データは責任者によって承認又は否認等の確認を行うことができます。
BizForecastの経営管理機能によって予算データを集中管理し、ステータスを一覧で把握することが可能です。

柔軟な画面設計01

  • ① 予算入力 or 承認を行う部署・営業所等はツリー状の組織マスタを定義します。組織変更が発生しても柔軟に設定することが可能ですので、お客様の予算 編成プロセスに応じたフローを構築可能です。また、組織体系に基づき事業所毎の集計数値は自動で集計されます。
  • ② 予算管理担当者はデータ確認後、承認/否認等を選択することができます。承認/否認等を実行した際は予算入力部署の担当者にメールが送付されます。

予算編成シートはExcelでデザインできるため、操作に慣れて頂ければ予算担当者様自身が入力フォームを作ることも可能です。
予算編成の方法が変更になった場合も、ユーザ様で対応することができます。BizForecastの画面及びレポートはExcelでのデザイン・関数式・グラフ等をそのまま保持して取り込み可能であるため、Excelとシステムの両メリットを利用した設定を実現しています。

柔軟な画面設計02

  • ③ BizForecastの画面をExcelに出力し、Excelで加工した後に取り込むことも可能です。
  • ④ Excelライクな画面で数値を入力・確認することが可能です。操作性もExcelと近似しています。
  • ⑤ 数値だけでなく文字情報を入力及びレポーティングさせることができます。各部門や営業所からの報告を適切に把握します。
  • ⑥ システム内の情報を反映させることが可能です。システム内で管理されているあらゆるデータ(過年度や実績データ等)を反映させることができるため、お客様の運用に合わせた予算管理を実現します。
  • ⑦ 複数のシートを展開させることができるため、関連する情報を一括管理することができます。Excel関数により他シートからのデータ参照等も可能です。
  • ⑧ 各予算業務毎に様々な予算編成画面を作成できます。画面の数に制限はございません。
  • ⑨ 現在お客様が運用されているフォーマットを、そのままBizForecastに取り込んでシステム管理することができます。

BizForecastの汎用性

As-Is(例)とTo-Be(BizForecast運用後)

  • ①資料収集に関する課題
  • ・各関係者とのメールベースでの送配信で手間がかかる
  • ・メールベースの送配信はセキュリティ上の問題を抱えている
  • ・進捗状況をリアルタイムで把握できない
  • ・各部署と調整作業等の後、最新データが分からなくなる
  • ・過去データを利用して、二次資料を作成する手間がかかる
  • ①リアルタイムで資料収集の状況確認が可能です
  • ワークフロー管理画面で各担当者の作業ステータスを一元管理。資料受領を待たずして、リアルタイムで入力状況などをウォッチすることもできます。
  • 各関係者への配布はもちろん、承認、否認等のアクションもワンボタン。
  • メールでの資料のやり取りが一切なくなり、パスワードの後続送付などの煩わしい作業も必要なくなる他、セキュリティも担保されます。
  • ②データ管理・集計に関する課題がある
  • ・せっかく苦労して集めたデータの蓄積ができておらず、データ管理が煩雑になっている
  • ・管理方法が属人的になっており、データ収集方法に一貫性がなく、元データを探すのに手間がかかることや、人事異動がリスク要因になっている
  • ・自動集計するためのマクロを組むために別の工数が発生している
  • ②データベース一元管理が可能です
  • データを受け取ってからも、煩雑な作業は終わりではありません。
  • 収集したエクセルブックを各フォルダに格納、格納したデータを1つ1つ開いて集計用シートにデータを移していく…データベース一元管理のBizForecastならそんな作業は一切なくなります。
  • BizForecastは一度入力したデータはDBに格納され、任意の出力箇所にデータ反映します。
  • ③レポーティングに関する課題がある
  • ・収集したデータを貼りつけたり、マクロ等を組む等、資料作成作業に負荷がかかっている
  • ・自社のニーズに合ったオリジナルの帳票やデザイン開発は高額で手が出ない
  • ③アウトプット資料は容易に作成が可能です
  • 二次入力は手間な上に、人為的な入力ミスに起因する手戻り作業などの負担が発生します。
  • また、自社のニーズにマッチしたアウトプットをシステム的に用意するのは、手間もお金もかかりますが、BizForecastはユーザー様自身でレポートをデザイン/設計することが可能で、設定方法は収集パッケージの作成方法と同様。操作性に一貫性を持たせており、メンテナンスが容易です。

BizForecastの導入事例

BBSの経験豊富なコンサルタントが、お客様毎に全く異なる業務内容である予算編成を、
BizForecastで実務上「使える」レベルまでお手伝いさせて頂きました。

導入事例紹介① 多店舗展開における事例

導入事例紹介①


業 種
外食チェーン
上場市場
上場
年 商
200億円

導入概要

約200店舗を展開しており、本部主導で部門ごとに各店舗の予算をトップダウンで作成します。月次で実績データを連携し、PLの予実績対比をフィードバックしています。

導入事例紹介② レポーティングツールとして展開したケース

導入事例紹介②


業 種
卸売業
上場市場
非上場
年 商
4,300億円

導入概要

日本基準の会計データを取り込み、IFRS基準に組み替えて親会社に報告するレポートを作成する業務にて使用しています。

導入事例紹介③ 事評価に利用したケース

導入事例紹介③


業 種
医療系コンサルティング
上場市場
非上場
年 商
700億円

導入概要

当初、PL予算編成及び予算実績管理で使用していましたが、各部門から人事評価シートをエクセルにて収集し、賞与等の査定集計などにしようしている業務をBizForecastにて実現しました。