RPAプロセスイノベーション│ビジネスブレイン太田昭和

ビジネスブレイン太田昭和
RPAプロセスイノベーション
BBS RPAプロセスイノベーションへのお問合せ
Robotic.png

ロボットとは

「ロボット」が人間の仕事を奪うかも…
という不安をお持ちかもしれません。
もしも人材が余剰なら奪うかもしれませんが、そんな会社は希少です。

つまり

  • 仕事を分担する存在
  • 仕事を補完する存在

です。

process.png

BPRとの違い

  • ダイレクトに仕事を変革していきます。
  • 短期/個別改善を促進していく活動に最適な技術とスピード感があります。

※BPR…
ビジネスプロセス・リエンジニアリング

process.png

業務の自動化とは

工場の生産工程は既にロボットにより自動化・高度化を推進しています(ファクトリー・オートメーション)。
今後RPAで目指すべきは、「バックオフィス・オートメーション」です。

※バックオフィス…
会計・IT・人事・営業製造事務 領域

デジタルレイバーが人間と共存する働き方へ

RPAプロセスイノベーションサービス

 企業において、業務効率化は至上命題のひとつではあるものの、比較的小粒の業務についてはコスト面および対応のしづらさから、人手に頼っている部分が多く残っています。ビジネスブレイン太田昭和は、バックオフィス(会計・IT・人事・営業製造事務)部門の生産性向上と人的資源の有効活用を推進するため、RPA(Robotic Process Automation)ツールを活用し、業務自動化を推進する業務改革サービスを提供いたします。

Why RPAプロセスイノベーションサービス

RPAプロセスイノベーションサービス導入に適した企業様に対して、積極的に推奨させていただきます

BBSがニーズ・状態に応じて、適切なガイドをさせていただきます。

  • RPAを適用する業務をすり合わせたら、即トライアル
  • 即トライアル(トライ&エラー)に着手できるのもRPAの特長
  • 非定型業務にも内包されているルールを検出して、RPA可否を判定
  • 人に残す業務とロボットに委任する業務の調和
  • 人工知能の活動基盤としてRPAは有効
  • まずは、人が抱える業務をロボットに代行させ、非定型業務をRPA+AIに委任

(現時点でAIは技術未確立のため、サービス外)

BBS RPAプロセスイノベーションへのお問合せ

本サービスに関わるBBSの特徴

サービスの概要(進め方)

お客様のニーズ・環境に応じて、最適なRPAツールを「選定」、「活用」できるようになるまで、サービスをワンストップで提供いたします。
RPAを適用する狙い・対象範囲・体制に応じて、 「プロセスイノベーション方針策定」フェーズは、1.5か月・3か月のコースを用意しております。

RPAプロセスイノベーションサービス

RPAプロセスイノベーションサービス

独立系コンサルファームとして、お客様の立場に立った「選定」を行います。

anywhere

bizrobo

winactor

  • ロボットの作りやすさ、生産性
  • メンテナンス性
  • セキュリティ面
  • 社内展開のしやすさ
  • コストメリット(導入および運用・保守コスト)

リアリティーを以て、「活用」いただけるように下記の働きかけを行います。

モノ

試供ライセンスなどを用いて早期から現物に触れ、ロボットの効用を体感

カネ

Time is money.
ロボットの稼働までに必要な時間を最小化する方法を検討

ヒト

BBSの担当者が企業様に向けて、RPAを進んで使っていただけるように啓発
ロボットによる代行が不可能と思われる業務も設計の上、実務適用
  • Automation Anywhereは、Automation Anywhere, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • BizRobo!は、ビズロボジャパン株式会社の登録商標です。
  • WinActorは、株式会社エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。